ご 相伴 に あずかる 類語。 「ご相伴」の意味は?「ご相伴にあずかる」の使い方や例文もチェック!

「ご相伴」とは?読み方や意味・類語・英語表現・「お相伴」との違いも詳しく解説

ご 相伴 に あずかる 類語

自分の行為に対して「ご相伴/お相伴」は使っていいのか?自分を敬っていておかしくないか?と勘違いしている方がたまにいますので、敬語の解説を少しします。 「ご相伴にあずかる」の英語• 随行とは、お供として一緒について行くこと、連れだって歩くことといった意味合いがあります。 これらの表現は 目上の人や上司、取引先に対して使うと失礼ととられる可能性もあります。 茶道は礼儀作法に厳しいということもあって、「相伴」という言葉を用いることで正客に対して敬意を示すことができます。 「ご相伴にあずかる」の意味は、 「饗応の場において正客の連れとして同席することでもてなしを受けること」や 「ご馳走になってもてなしを受けること」、 「一緒に飲み食いをする相手を務めさせてもらうこと」などになります。 個人プレーとは、誰かに認めてもらったり相談することなく、自らの一存で自由気ままな行動をするといった意味合いがあります。 まとめ 「ご相伴」は一緒に何かをさせてもらうときに使います。

次の

「ご相伴」の意味とは?「お相伴」との違いや茶道との関係を解説

ご 相伴 に あずかる 類語

メインの人物に対して、一緒に何かしたり、してもらったりすることを感謝していう言葉です。 こちらもご相伴にあずかるの方がよく使われるので、ご相伴にあずかるとして書かれることの方が多い使い方です。 使い方の例文として、「取引先の代表の方を饗応する」「今日は私が饗応役だ」「ご饗応ありがとうございます」といった使い方となります。 その後も気づいた用語を追加しています。 ビジネスシーンでも色々な使い方はあると思いますが、上司に飲みに連れて行ってもらったとき、接待の席に同席させてもらったときなど、自分が主賓ではない宴席に招かれたときに使うことが多いのではないでしょうか。

次の

「ご相伴」の意味は?「お相伴」との違いや「ご相伴にあずかる」、類語や英語も解説

ご 相伴 に あずかる 類語

これは「あなたと共に厚遇を受けられて嬉しいです」と感謝の気持ちが込められています。 美化語一覧 美化語一覧 国分芳宏監修 kokubu gengokk. 随行という表現は主に下の立場の人が上の立場の人について行く際に使われます。 また、同行するその人のことを「お供」と呼ぶこともあります。 今度は私もご相伴にあずかりたいですね。 「ご相伴」の言葉としての意味だけでなく、由来としての「御相伴衆」や茶道における「相伴」の使われ方など、記事の内容を参考にしていただければ幸いです。 相伴はお茶をもらう時に、 正客と主人に対して「ご相伴いたします」「ご相伴させていただきます」などと声をかけてから飲みます。

次の

【商品】の例文や意味・使い方

ご 相伴 に あずかる 類語

漢字にすると「御相伴」となり、「御」は「ご」とも「お」とも読めるためどちらも間違いではありません。 例 「御所」「御神火」 幼児語は採択しませんでした。 しかし御相伴のように「ご」という読み方でも「お」という読み方でもいいという場合があり、その他の例として御返事などが挙げられます。 職場や仕事の面においては、別会社との会議などに随伴する場合などに使われます。 例 「お読みする」「お調べになる」「お飲みの」 ここに上げたリストは別稿「翻訳のための主語の推定」で敬語を網羅的に調べたときの副産物です。

次の

美化語一覧

ご 相伴 に あずかる 類語

その正客とともにもてなされる連れの客や同席する客のことを、「相伴」と呼ぶのです。 ・できればご相伴にあずかりたいところですが、忙しくて無理だと思います。 ただし、「接待を受ける」などと言っても、何度も言うように 自分が主賓としてもてなされるのではなく、その連れとして一緒にもてなしを受けるという意味である点に気をつけましょう。 ご相伴との違いは「付きしたがっているわけではない」のがご相伴ということになります。 ゴルフですか、ぜひ私もご相伴にあずかりたいですね。

次の

「ご相伴にあずかる」の意味と使い方、読み方、類語、漢字、敬語、英語表現

ご 相伴 に あずかる 類語

・いつまで経っても課長との陪食は緊張する。 しかし、言葉としては「お相伴」のほうが一般的だといわれています。 茶道のお茶会では正客が決まっており、その人が、上座に座る決まりとなっています。 「相伴」には以下の意味があります。 御相伴衆は、細川氏・斯波氏・畠山氏の三官領家に次ぐ高い家格を持つ山名氏や赤松氏など、管領家の一族や一部の守護大名のみに限定された役職でした。

次の

「ご相伴」の意味は?「お相伴」との違いや「ご相伴にあずかる」、類語や英語も解説

ご 相伴 に あずかる 類語

また「お伴をする」といった形でも使われます。 メインの人、最上位の客を「正客(しょうきゃく)」、その人と共にお茶の席に招かれる人を「相伴」と呼びます。 「ご相伴」と「お相伴」は敬語 「ご相伴/お相伴」は、「相伴」に敬語の接頭辞「ご」「お」が付いた言葉です。 日本語というのは本当に奥が深く、間違った認識で使ってしまうと相手に伝わるどころか不快に思わせてしまう場合もあるので正しい知識を勉強しておきたいものです。 「ご相伴(ごしょうばん)」は、「相伴」という言葉に敬語の接頭辞「ご」を付けた表現です。 ご一緒とは、連れだって行動を共にする、ある物を1つにまとめる、区別なく同じものとして扱うといった意味合いがあります。

次の