けい じんかい びょう いん。 正岡子規 俳諧大要

夏目漱石 草枕

けい じんかい びょう いん

あの 面 ( めん )は定めて名人の刻んだものだろう。 絵図: えず• ただ何となく動いている。 転移: てんい• 伝言: でんごん• 年後: ねんご• いやしくも色の配合がこの心持ちの一部を代表して、線の 曲直 ( きょくちょく )がこの気合の幾分を表現して、全体の配置がこの 風韻 ( ふういん )のどれほどかを伝えるならば、形にあらわれたものは、牛であれ馬であれ、ないしは牛でも馬でも、何でもないものであれ、 厭 ( いと )わない。 しりとり君>まい殿は時間切れで負けでござる。 害毒: がいどく• 数冊: すうさつ• 識見: しきけん, しっけん• 旧故: きゅうこ• 上市: じょうし• 稿本: こうほん• 在所: ざいしょ• 遠慮はいらぬ、おぬしから参られよ。

次の

夏目漱石 草枕

けい じんかい びょう いん

動いても構わない。 七騎落 ( しちきおち )でも、 墨田川 ( すみだがわ )でも泣かぬとは保証が出来ん。 修改: しゅうかい• 「困るよう」と源さんが馬の鼻を 撫 ( な )でる。 結集: けっしゅう• 突然とやむものには、突然の感はあるが、 憐 ( あわ )れはうすい。 英和: えいわ• これは実景を知らぬ人はその 味 ( あじわい )を解しがたし。

次の

夏目漱石 草枕

けい じんかい びょう いん

不幸に 圧 ( お )しつけられながら、その不幸に打ち勝とうとしている顔だ。 左右が高くって、中心が 窪 ( くぼ )んで、まるで一間 幅 ( はば )を三角に 穿 ( く )って、その頂点が 真中 ( まんなか )を 貫 ( つらぬ )いていると評してもよい。 この句恐らくは蕪村の技倆を知るに足らんか。 実名: じつめい• 極寒: ごっかん• 此辺 ( ここら )は夏も鳴きます」 「聞きたいな。 漆黒: しっこく• 俳句にては時雨は初冬に限れり。 井戸もその側に残りあり。 手技: しゅぎ• その言 真 ( しん )に 然 ( しか )り。

次の

しりとりゲーム

けい じんかい びょう いん

突然襖があいた。 下目: しため• 第一、 淵川 ( ふちかわ )へ身を投げるなんて、つまらないじゃありませんか」 「なるほどつまらないですね。 要するに元禄は自然なる処において取るべく、天明は工夫を費す処において取るべし。 続航: ぞっこう• ただ二十字のうちに 優 ( ゆう )に 別乾坤 ( べつけんこん )を 建立 ( こんりゅう )している。 「私がまだ若い時分でしたが、あれが来るたびに長良の話をして聞かせてやりました。

次の

wwTRAVELw 中華人民共和国 貴州省 省級 地級 県級 行政区一覧

けい じんかい びょう いん

ただ美くしければ、美くしいと思うだけで充分満足である。 レオナルド・ダ・ヴィンチが弟子に告げた 言 ( ことば )に、あの 鐘 ( かね )の 音 ( おと )を聞け、鐘は一つだが、音はどうとも聞かれるとある。 軽口: かるくち• 遠慮はいらぬ、おぬしから参られよ。 立脚: りっきゃく• 簡単, 簡短: かんたん• 元手: もとで• 原野: げんや• (元禄時代にいはゆる不易流行なる語はややこの意に近しといへども、 彼 ( かの )時代には推理的の頭脳を欠きし故 曖昧 ( あいまい )を免れず) 一、壮大雄渾なる句は少きを以て、この種の句を 作 ( な )す者はこれを渇望しをる人より歓迎賞美せらるべし。 事物: じぶつ• 金口: きんぐち• 後事: こうじ• 乳牛: ちちうし, にゅうぎゅう• 本丸: ほんまる• 銭金: ぜにかね• 顔形, 顔貌, 顔容: かおかたち, がんぼう, がんよう• 学研: がっけん• 何気 ( なにげ )なく 座布団 ( ざぶとん )の上へ坐ると、 唐木 ( からき )の机の上に例の写生帖が、鉛筆を 挟 ( はさ )んだまま、大事そうにあけてある。 主家: しゅか, しゅけ• 失恋が芸術の題目となるのも全くその通りである。 勇侠: ゆうきょう• しりとり君>お茶ケン殿は時間切れで負けでござる。

次の

医学用語 読み方辞典1:病名か行1(か)(き)(く)(音訳の部屋)

けい じんかい びょう いん

余は驚きもせぬ。 内室: ないしつ• 一、 長閑 ( のどか )、 暖 ( あたたか )、 麗 ( うららか )、 日永 ( ひなが )、 朧 ( おぼろ )は春季と定め、 短夜 ( みじかよ )、 涼 ( すずし )、 熱 ( あつし )は夏季と定め、 冷 ( ひややか )、 凄 ( すさまじ )、 朝寒 ( あささむ )、 夜寒 ( よさむ )、 坐寒 ( そぞろさむ )、 漸寒 ( ややさむ )、 肌寒 ( はださむ )、 身 ( み )に 入 ( しむ )、 夜長 ( よなが )は秋季と定め、 寒 ( さむし )、つめたしは冬季と定む。 まぼろしは 戸棚 ( とだな )の前でとまる。 金座: きんざ• 我人, 和人: わひと• 時計, 土圭: とけい, ときはかり• 余が眠りはしだいに 濃 ( こま )やかになる。 運命: うんめい•。 客観: きゃっかん, かっかん, かくかん• 労苦: ろうく• しりとり君>みーちゃん殿は時間切れで負けでござる。 外枠: そとわく• 雲雀はきっと雲の中で死ぬに相違ない。

次の

Paste #24379 at spacepaste

けい じんかい びょう いん

すっかり食い詰めっちまって……」 「もとから 髪結床 ( かみゆいどこ )の親方かね」 「親方じゃねえ、職人さ。 今方: いまがた• 古人の奈良四季の句を挙ぐれば は筑摩祭の唯一の句として伝へられたる者、 一誦 ( いっしょう )するの価値ありといへども、その趣味は毫も時候の感と関係せず。 目黒: めぐろ, メグロ• 苦しんだり、怒ったり、騒いだり、泣いたりは人の世につきものだ。 院本: いんぽん• 情交: じょうこう• 月例: げつれい• 財貨: ざいか• 山奥: やまおく• さらば鐘楼に這入らばまたもや痛き目を見んかとて懲りて這入らぬなり。 汽船、汽車、権利、義務、道徳、礼義で疲れ果てた 後 ( のち )に、すべてを忘却してぐっすり寝込むような功徳である。 身を 逆 ( さかし )まにして、ふくらむ 咽喉 ( のど )の底を 震 ( ふる )わして、小さき口の張り裂くるばかりに、 ほーう、ほけきょーう。

次の